髪の主成分はタンパク質です。

で、髪は110℃ぐらいでもろくなります。

これはどういう事かと言うと、

タンパク質が熱変性しちゃうんです。

 

わかりやすく言う(見せる)と

これが

生卵

 

こうなるってこと。ゆび

目玉焼き

 

卵の白身はほとんどが水分と、あとタンパク質。

生のときはやわらかくて弾力のあった白身が

焼く(熱を加える)と硬く、

弾力がなくなりもろくなる。

 

髪の毛のタンパク質は60℃ぐらいから

熱変性がはじまり110℃ぐらいになると

硬くなります。

つまり、もろくなります。

 

市販で売られている一般的なドライヤーの

温風温度は100~110℃ぐらいです。
(最近のは120℃ぐらいのもあるみたい・・・)

えっ?!

じゃあ、ドライヤーかけたら髪がもろくなる??

どうするの!?

 

次回でしょ!!(笑)

 

・・・・・to be continued。

投稿者プロフィール

田口 仁士
田口 仁士
高校卒業後、福岡市の大学に進学。在学中、なぜか美容の道に目覚める。(笑)
卒業後、そのまま福岡市で見習いから美容室で働く。福岡市で約7年勤めた後、地元の大分県に帰る。
中津、宇佐市で4年勤めた後、2012年8月14日に宇佐市法鏡寺に「Butterfly」オープン。
趣味は読書、映画鑑賞、写真、ダーツ、御朱印集め。