ホーランエンヤ

今年はン十年ぶりに地元の正月行事ホーランエンヤを見に行きました。

 

ホーランエンヤは、大分県豊後高田市で、毎年正月に行われる豊漁と航海の安全を祈願する祭事。

大分県の選択無形民俗文化財で、おおいた遺産にも選定されている。

 

概要

大漁旗や吹き流し、万国旗などで華やかに彩られた宝来船に締め込み姿の若者が乗り込み、

豊後高田市の中心を流れる桂川右岸の玉津磯町から出発。

まず下流の琴平宮(金毘羅宮)に向かい、餅を供えた後、旋回して上流の若宮八幡神社を目指して、

「ホーランエンヤエンヤサノサッサ」の掛け声とともに上げ潮に乗って漕ぎ上がる。

船からは紅白の餅が撒かれ、川岸の観客から祝儀が差し出されると若者が厳寒の川に飛び込んで受け取りに行く。

暦が干満と連動する旧暦の頃は元旦の行事であったが、現在では満潮の時間を考慮して日程が決められている。

同名の祭事は、 島根県松江市、江津市及び広島県尾道市でも行われる。

 

起源
現在の豊後高田市は、江戸時代には島原藩の領地であり、島原藩やその大阪蔵屋敷へ年貢米を廻送船で運んでいた。

ホーランエンヤは、その航海の安全と豊漁を祈願する行事として江戸時代中期に始まったといわれる。

「ホーランエンヤ」という掛け声及び祭りの名は、「宝来栄弥」、「蓬莱へ、蓬莱へ」という掛け声が変化したものだといわれている。

~~Wikipediaより~~

 

宝来船

 

これが宝来船。ゆび

 

餅まき

 

船から川岸にいる人たちに餅をまいてます。

 

ご祝儀

 

ご祝儀のお酒をもらいに川を泳いで行ってます。寒い

 

終点

 

終点。めっちゃ、多くの人が集まってます。こんなに人が集まる行事だとは思ってなかった・・・下下

結局、餅はまわりの人たちの執念と圧力に押され全然取れなかったです。涙

来年はリベンジしますびっくり(笑)

投稿者プロフィール

田口 仁士
田口 仁士
高校卒業後、福岡市の大学に進学。在学中、なぜか美容の道に目覚める。(笑)
卒業後、そのまま福岡市で見習いから美容室で働く。福岡市で約7年勤めた後、地元の大分県に帰る。
中津、宇佐市で4年勤めた後、2012年8月14日に宇佐市法鏡寺に「Butterfly」オープン。
趣味は読書、映画鑑賞、写真、ダーツ、御朱印集め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)